August 21, 2013 / 3:33 AM / 6 years ago

テニス=長期出場停止のトロイツキ、CASに異議申し立て

8月20日、男子テニスでドーピング違反により18カ月の出場停止処分を受けたビクトル・トロイツキがスポーツ仲裁裁判所に異議を申し立てた。6月にパリで撮影(2013年 ロイター/Vincent Kessler)

[ベルン 20日 ロイター] - 男子テニスでドーピング違反により18カ月の出場停止処分を受けたビクトル・トロイツキ(27、セルビア)が、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に異議を申し立てた。

CASは20日の声明で、「CASの手続きはすでに開始されており、裁定は約4カ月後に下される」と明らかにした。

トロイツキは先月、4月のマスターズ・モンテカルロ大会で血液サンプルを提出しなかったとして、国際テニス連盟(ITF)から処分を受けた。トロイツキは尿サンプル提出後、検査人に体調不良を訴えたところ、血液検査は不要と説明されたと訴えている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below