for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ボクシング=タイソン氏が薬物依存告白、「死のふちにいる」

8月24日、ボクシングの元ヘビー級王者マイク・タイソン氏は、薬物とアルコールの中毒で命が危ぶまれている状態であると述べた。米カリフォルニア州ビバリーヒルズで先月撮影(2013年 ロイター/Fred Prouser)

[24日 ロイター] - ボクシングの元ヘビー級王者マイク・タイソン氏(米国)は、薬物とアルコールの中毒で命が危ぶまれている状態であると述べた。

現在プロモーターであるタイソン氏は米スポーツ専門放送局ESPNの番組で「しらふで生活したい。死にたくない。重度のアルコール中毒であるため、死のふちにいる」とコメントした。

また、記者会見では「6日間、アルコールも薬物も摂取していない。これは自分にとって奇跡」とも発言。「これまで多くの悪事を働いてきたが、許してもらいたい。人生を変えたい」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up