August 28, 2013 / 4:17 AM / 5 years ago

原発汚染水漏れ、評価をレベル1からレベル3に引き上げ=規制委

8月28日、原子力規制委員会は、福島第1原発の汚染水漏れに対する国際原子力事象評価尺度をレベル3に引き上げることを決めた。写真は3月、同原発で撮影(2013年 ロイター/Issei Kato)

[東京 28日 ロイター] - 原子力規制委員会は28日、福島第1原発の汚染水漏れに対する国際原子力事象評価尺度(INES)を、これまでのレベル1からレベル3に引き上げることを決めた。

INESは、国際原子力機関(IAEA)と経済協力開発機構原子力機関が策定した原子力事故や故障の深刻度を表す尺度。レベル3は「重大な異常事象」に当たる。

福島第1原発の事故自体はレベル7(深刻な事故)、米スリーマイル島の事故はレベル5(事業所外へリスクを伴う事故)と評価されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below