Reuters logo
宮崎駿監督が引退、「風立ちぬ」が最後の作品に
2013年9月2日 / 00:37 / 4年後

宮崎駿監督が引退、「風立ちぬ」が最後の作品に

[ベネチア 1日 ロイター] - 「千と千尋の神隠し」で米アカデミー賞の長編アニメーション部門作品賞を受賞した宮崎駿監督が、映画製作から引退することが明らかになった。スタジオジブリの星野康二社長が、現在開催中のベネチア国際映画祭で発表した。

9月1日、「千と千尋の神隠し」で米アカデミー賞の長編アニメーション部門作品賞を受賞した宮崎駿監督が、映画製作から引退することが明らかになった。写真は2009年、ロサンゼルスで撮影(2013年 ロイター/Mario Anzuoni)

星野氏は会見で、宮崎監督が東京で引退会見を開く予定だとしたが、引退を決断した理由など詳しい経緯は説明しなかった。同映画祭のコンペティション部門に出品されている「風立ちぬ」が最後の作品となる。

宮崎監督は、「ルパン三世 カリオストロの城」で初監督。その後、「風の谷のナウシカ」「となりのトトロ」「もののけ姫」などヒット作を連発した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below