September 4, 2013 / 8:28 AM / 6 years ago

米国の宝探し一家が難破船から金発見、約3000万円相当

9月3日、一家総出で宝探しをしていた米フロリダ州に住む家族が、大西洋に沈む歴史的難破船から、推定30万ドル(約2980万円)相当の金を発見した。提供写真(2013年 ロイター/Schmitt family via 1715 Fleet - Queens Jewels, LLC)

[オーランド(米フロリダ州) 3日 ロイター] - 一家総出で宝探しをしていた米フロリダ州に住む家族が、大西洋に沈む歴史的難破船から、推定30万ドル(約2980万円)相当の金を発見した。

宝発見の夢を実現したのは、同州サンフォードに住むシュミットさん一家。リックさんとリサさんの夫妻は、成長した2人の子ども、ヒラリーさんとエリックさんとともに、1715年にハリケーンによってフロリダ沖で沈没した船団の残骸から、金の鎖と硬貨を見つけ出した。

この難破船の権利を保有する会社、1715フリート・クイーンズ・ジュエルのブレント・ブリスベン氏は「本当に素晴らしいのは、彼らが家族の時間を共に宝探しに費やしてきたこと。一番の驚きは、この日が来ると常に信じていたことだ」と語った。

同氏によると、船団の積荷目録では約4億ドル相当の財宝が積まれていたことが分かっており、そのうちの1億7500万ドル分がすでに発見されている。

今回金が見つかった沈没船の話は、1977年の映画「ザ・ディープ」の題材にもなっているという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below