September 24, 2013 / 9:15 AM / 6 years ago

台湾HTCの最新機種で供給に支障、業績圧迫か

9月24日、台湾のスマホ大手HTCの最新機種「HTC One」は、小型版の供給に支障が出ていることが明らかに。写真は台北で7月撮影(2013年 ロイター/Pichi Chuang)

[台北 24日 ロイター] - 台湾のスマートフォン(多機能携帯電話、スマホ)大手、宏達国際電子(HTC)(2498.TW)は、最新機種である「HTC One」の小型版の供給に支障が出ている。関係筋が明らかにした。

同社は既に販売不振が鮮明になっており、今四半期に初の純損失計上となる可能性が高まった。

「HTC One」小型版は7月半ばに投入され、総じて高評価を受けている。今回の問題は、設計上の問題からケースが不足していることが影響しているという。

HTCは電子メールでの取材に応じていない。

HTCは6月、第3・四半期の売上高が前期比30%減少するとの見通しを示し、営業ベースで初の損失を計上する可能性を警告した。

7月の販売は37%、8月は45%それぞれ落ち込んでいることなどから、アナリストはHTCが業績予想を達成できないと見込んでいる。

トムソン・ロイター・エスティメーツによる21人のアナリスト予想では、HTCは第3・四半期に1億9200万台湾ドル(650万ドル)の純損失を計上する見通し。10月初旬に決算(未監査)が発表される予定。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below