September 24, 2013 / 11:31 PM / 6 years ago

FOMC声明発表直前に大規模取引か、FRBが調査

9月24日、米FRBは24日、FOMC声明発表時にかけて通常みられない取引が発生していたとされる報道をめぐり、通信会社に連絡をとっていることを明らかにした。写真は7月、ワシントンで撮影(2013年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 24日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は24日、18日の連邦公開市場委員会(FOMC)声明発表時にかけて通常みられない取引が発生していたとされる報道をめぐり、通信会社に連絡をとっていることを明らかにした。

CNBCテレビによると、18日東部時間午後2時(1800GMT)にシカゴで一連の取引活動があったが、これら取引は、2時のFOMC声明発表を受けた取引よりも数ミリ秒早く発生していた。

FRBは前週のFOMCで、大方の予想に反して量的緩和縮小を見送った。FRBの決定を受け、金相場を含め金融市場は全面高となった。

CNBCは、ニューヨーク市の金取引が大きく増える5―7ミリ秒前にシカゴでのComex金先物に大規模な取引があったことを、シカゴの調査会社Nanexが確認したとし「シカゴの一部トレーダーは、他の誰よりも先にFRBの決定にアクセスしたようだ」と伝えた。

Nanexによると、ニューヨークの方がシカゴよりも首都に近く通信時間が短くて済むため、ワシントン発の情報については通常はニューヨークのトレーダーの方がシカゴのトレーダーよりも数ミリ秒早くアクセスできる。

FRBの報道官は、市場が敏感な情報を政府機関が公開する他のケースと同様、解禁時刻制限のある情報をFRBから受ける通信会社は、指定時刻になるまで情報を一般開示しないことに文書で同意しているとし「FRBの定める手続きが完全に理解されていることを確実にするため、通信会社と連絡を取っている」と説明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below