Reuters logo
米週間住宅ローン申請指数が小幅低下、新規購入需要落ち込む
2013年10月2日 / 13:00 / 4年後

米週間住宅ローン申請指数が小幅低下、新規購入需要落ち込む

[2日 ロイター] - 米抵当銀行協会(MBA)が2日発表した9月27日までの週の住宅ローン申請指数(季節調整後、新規購入・借り換えを含む)は前週比0.4%低下し、450.2となった。借り換え需要は増加したが、新規購入需要が落ち込み、全体を押し下げた。

当該週は、米連邦準備理事会(FRB)の緩和縮小見送り決定後初めて、1週間すべてのデータが反映された。

借り換え向けローン申請指数は3.1%上昇の1947.4。

一方、新規購入向けローン申請指数は189.4と、5.6%低下した。

30年住宅ローン金利平均(固定、手数料除く)は前週比13ベーシスポイント(bp)低下の4.49%で、6月以来の低水準をつけた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below