October 8, 2013 / 1:19 AM / 4 years ago

北朝鮮軍が警戒態勢引き上げ、米空母入港に「悲惨な結果」招くと警告

[ソウル 8日 ロイター] - 朝鮮中央通信社(KCNA)によると、北朝鮮は8日、軍の警戒態勢を引き上げ、行動開始の用意があると明らかにした。

KCNAが伝えた朝鮮人民軍(KPA)の声明によると、KPAのスポークスマンは、米国による航空母艦などの韓国への入港について「悲惨な結果」を招くと警告。「これを受け、KPAの全ての業務と軍団レベルは、承認済みの行動計画を見直し、いつでも迅速に行動を起こす準備を整えるよう最高司令部門から緊急命令を受けた」としている。

北朝鮮はこれまでもたびたび韓国と米国を攻撃すると威嚇しているが、実際に行動を起こしたことはほとんどない。

在韓米軍は韓国と定期的に合同演習を行っており、空母ジョージ・ワシントンと艦船数隻が韓国に入港すると明らかにしていた。

韓国国防省は7日、米艦船は定期的な海洋捜索や救助訓練に参加しているとし、北朝鮮による批判は不当、と主張した。

*見出しを変更します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below