October 11, 2013 / 5:20 PM / 5 years ago

中国が世界最大の純石油輸入国に、米国抜く=EIA

10月11日、米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)が今週発表した報告書によると、中国が9月、米国を抜いて世界最大の純石油輸入国となった。写真は北京の交通渋滞。2011年1月撮影(2013年 ロイター/Larry Downing)

[シンガポール/北京 11日 ロイター] - 米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)が今週発表した報告書によると、中国が9月、米国を抜いて世界最大の純石油輸入国となった。

数十年来の経済成長でエネルギー需要が急拡大し、中国は来年にかけて世界トップの地位を維持し続けるほか、海外の石油・ガス企業の買収を加速させるとみられる。

EIAによると、9月の中国の石油消費量は、国内生産量を日量630万バレル上回った。両者の差が輸入需要とみられる。米国では両者の差が同613万バレルだった。

9月は米国の石油精製品輸出が急増しており、今後は米国が一時的に世界首位に返り咲く可能性もある。ただこれまでの傾向から、中国が米国に大差をつけ始めると分析されている。

中国は過去30年間、2桁の経済成長を遂げ、自動車保有台数の急増などで燃料需要が増大した。エネルギーを国内で自給できたのも1993年までだった。

コンサルタント会社ウッド・マッケンジーによると、石油を輸入に依存する割合は昨年58%となり、2020年には70%に達する見込み。

ロンドンに拠点を置き、中国に販売する石油トレーダーは「中国の商社が各地に事務所を構え、地域のプレーヤーでなく世界で存在感を示そうとしている。大きな野望があり、とても積極的だ」と話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below