Reuters logo
F1=マクラーレン代表、米市場開拓に「一層の努力必要」
2013年11月19日 / 04:02 / 4年前

F1=マクラーレン代表、米市場開拓に「一層の努力必要」

[オースティン(米テキサス州) 18日 ロイター] -自動車レースF1は米国市場の開拓を目指しているが、依然として人気は低迷。「アメリカンドリーム」実現には至っていない。

11月18日、自動車レースF1は米国市場の開拓を目指しているが、依然として人気は低迷している。写真は今季第18戦、米国GPのサーキット。米テキサス州オースティンで17日撮影(2013年 ロイター/Adrees Latif)

F1は昨年、5年ぶりに米国でレースを開催。今月17日、テキサス州オースティンで今季第18戦、米国グランプリ(GP)決勝を行ったが、国民の関心は米プロフットボール(NFL)や自動車レースNASCAR(ナスカー)に集まった。

F1の最高権力者バーニー・エクレストン氏は昨年、オースティンのほか、ロサンゼルスやニュージャージーでのレース開催に意欲を見せていた。しかしロサンゼルスでのレース開催の話は立ち消え、ニュージャージーでのレース開催のめども立っていない。

マクラーレン・メルセデスのマーティン・ウィットマーシュ代表は、メルセデスやフェラーリなど自動車メーカーにとって、米国は「非常に大切な市場だ」と指摘。

また、「米国では多くのレースを行ってきたが、米国市場を思うような形で開拓できていない。しかし、そのチャンスはある」とし、「F1の素晴らしさを米国の人々に伝えるために、チームやプロモーターら全員が協力して、さらなる努力を続けなければならない」と語った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below