Reuters logo
オバマケアのシステム障害、今春にコンサル会社が警告=下院調査団
2013年11月19日 / 07:52 / 4年後

オバマケアのシステム障害、今春にコンサル会社が警告=下院調査団

[ワシントン 19日 ロイター] -米下院の調査団が18日公表した資料によると、オバマ政権の高官は今年春の時点で、医療保険改革(オバマケア)の実施に関し、試験が不十分といったリスクを指摘されていたことが分かった。

11月18日、-米下院の調査団が公表した資料によると、医療保険改革(オバマケア)の実施に関し、オバマ政権の高官が今年春の時点で試験が不十分といったリスクを指摘されていたことが分かった。写真は登録が一時中断された医療保険申請サイト。マイアミで2日撮影(2013年 ロイター/Joe Skipper)

コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーは政府への説明資料で、試験期間が短いことにより、オバマケアの登録申請窓口であるウェブサイトの問題を政府が解決する能力が妨げられる恐れがあると警告していた。

また、オバマケア事業が総合的な試験を行っておらず、多くの機能を委託業者に頼っていた状況も明らかになった。

マッキンゼーの説明はセベリウス厚生長官を含む厚生省スタッフとホワイトハウス高官向けに、3月28日から4月8日の間に4回行われた。

下院エネルギー・商業委員会は、セベリウス長官がこの説明を受けた2週間後に、オバマケアのプロジェクトは順調だと委員会の公聴会で証言したと指摘した。

これに対し、オバマケアを統括する厚労省傘下のメディケア・メディケイドサービスセンター(CMS)は、指摘されたリスクに対処するための具体的措置は講じたとしている。

マッキンゼーの広報担当者は、顧客に対する業務の内容は秘密だとしてコメントを差し控えた。

オバマケアのウェブサイトHealthCare.govは10月1日の発足直後にダウンし、その後も技術的問題が続いている。

政府高官は、この原因について予想以上のアクセスがあったためと説明しているが、利用開始前にさらに試験を重ねる必要があったことも認めている。政府はすでに、システムの復旧作業の監督を業者に委託した。

マッキンゼーは、保険申請を受け付ける連邦政府のコールセンターやデータハブに問題が起きるリスクも指摘していたが、これらについては今のところ比較的問題なく稼働している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below