Reuters logo
ロンドン株式市場=薄商いのなか反落、景気循環株に上昇余地の見方
2013年11月19日 / 18:32 / 4年前

ロンドン株式市場=薄商いのなか反落、景気循環株に上昇余地の見方

[ロンドン 19日 ロイター] - 19日のロンドン株式市場は薄商いのなか反落して終了した。品質・安全性評価サービス大手のインターテック(ITRK.L)が業績低迷の懸念を示したことなどが重しとなった。

FT100種総合株価指数.FTSEは25.45ポイント(0.38%)安の6698.01でこの日の取引を終えた。

インターテックは2.5%安。ショア・キャピタルが同社がさらに業績見通しを引き下げる可能性もあるとして投資判断を「売り」に据え置いたことも売り要因となった。

ただアナリストの間では、テクニカル要因が支援となり相場の下落は相殺されるとの見方が出ている。バークレイズ・キャピタルのアナリスト、リンデン・ブラニガン氏は、「下落局面は買いを入れる格好の機会となる」としている。

また、INGインベストメント・マネジメントのシニアストラテジスト、パトリック・ムーネン氏は、2014年の相場は経済ファンダメンタルズがけん引役になると予想。景気循環株には一段の上昇余地があるとの見方を示した。

好決算を発表した格安航空のイージージェット(EZJ.L)が7.1%高。エンジニアリング会社のAMEC(エイメック)AMEC.Lは1.5%高。北海とメキシコ湾岸での業績が好調と発表したことで買われた。

ミントン・グループの英国バリュー・オポテュニティーズ・ファンドを運営するジョージ・ゴッドバー氏も景気循環株には上昇余地があるとし、特に中国が大胆な経済改革案を発表したことで鉱山株が恩恵を受けるとの見方を示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below