November 21, 2013 / 9:32 PM / 6 years ago

ソニー、映画の製作本数減らしテレビに大きく軸足移す=幹部

[21日 ロイター] -ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)は21日、映画の製作本数を減らし、より高い利益率が見込めるテレビ製作・ネットワーク事業に大きく軸足を移す方針を示した。

11月21日、ソニー・ピクチャーズエンタテインメントは、映画の製作本数を減らし、より高い利益率が見込めるテレビ製作・ネットワーク事業に大きく軸足を移す方針を示した。4月撮影(2013年 ロイター/Fred Prouser)

カリフォルニア州カルバーシティにある同社のスタジオで開かれた投資家との会合で、ソニー(6758.T)幹部が明らかにした。

ソニーの株主である米ヘッジファンド、サード・ポイントを率いるダニエル・ローブ氏は5月、ソニーに対し映画・音楽などのエンターテインメント事業の分離上場を提案。また映画製作事業の収益性改善を求めていた。

ソニーのエンターテインメント事業のマイケル・リントン最高経営責任者(CEO)によると、映画部門(テレビ事業含む)の2015年度売上高は84億ドル、営業利益率は7.5%の見通し。

音楽部門の2015年度売上高は48億ドル、営業利益率は9.5%を見込む。

CEOは、向こう2─3年間で2億5000万ドルの経費を削減する方針を明らかにし、さらなるコスト削減のため「第三者」と協力する考えを示した。

来年の映画の公開本数について、SPEのエイミー・パスカル共同会長は20本に満たないとし、従来の23本よりも少なくなると指摘。来年の夏季の公開本数は4本で、今年の9本から半減する見通しと述べた。

10月31日に発表された第2・四半期(9月30日までの3カ月)決算は、映画部門の営業損益が1億8100万ドルの赤字だった。

ハドソンスクエア・リサーチのダニエル・アーンスト氏は、エンターテインメント事業について、ドラマシリーズ「ブレイキング・バッド」のヒットやインドでの主導的な事業展開など、知られざる魅力が多分にあると評価する一方、「だからこそ同事業を分離して上場させれば、認知度も増すし事業価値も高まると考えざるを得ない」と指摘した。同氏のソニー株の投資判断は「ホールド」。

関係筋によると、ソニー・ピクチャーズエンタテインメントは少なくとも1億ドルのコスト削減を実現するため、コンサルティング会社べイン・アンド・カンパニーを起用した。

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below