November 27, 2013 / 8:50 AM / 6 years ago

日銀の中間期利益は4006億円、円安・株高で5年ぶり黒字

11月27日、日銀が公表した2013年度上期(4─9月)の中間決算によると、民間企業の純損益に相当する当期剰余金は4006億円の黒字となった。写真は昨年10月、都内で撮影(2013年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 27日 ロイター] -日銀が27日公表した2013年度上期(4─9月)の中間決算によると、民間企業の純損益に相当する当期剰余金は4006億円の黒字(前年同期は2329億円の赤字)となった。上期の黒字は5年ぶり。アベノミクスの円安・株高で保有外貨資産や株式の価値が高まったため。通期の黒字が膨らめば国庫納付金の形で政府の歳入が増えそうだ。

9月末の為替相場はドル/円が98.30円と前年同期の78.03円より大幅な円安水準となった。このため日銀保有の外貨建資産は評価損益が3036億円の黒字となり、5年ぶりに利益を計上した。前年同期は3076億円の赤字だった。

株価上昇により、金融危機時に金融機関から買い取った株式(銀行保有株)の評価損益が黒字転換。前年同期は減損処理で1520億円の赤字だったが今上期は161億円の利益を出した。白川方明・前総裁時代から買い増しを続けている指数連動型上場投資信託(ETF)の評価益も、前年同期の209億円から今上期364億円に増えた。

9月末の自己資本は6.2兆円と3月末より0.1兆円増えた。一方、紙幣(銀行券)の残高が83.2兆円と同1.7兆円増えた。9月末の自己資本比率は7.48%と3月末の7.45%から上昇したものの、日銀が財務安定性の目安とする8─12%にはとどかなかった。

日銀の収益は為替相場など市場動向に大きく左右されるため、日銀は13年度通期の剰余金の規模は見通せないとしている。12年度の剰余金は5760億円で、自己資本充実のため積み立てている法定準備金を除いた国庫納付金は5472億円と前年比で1割程度増えた。

竹本能文 編集:吉瀬邦彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below