March 28, 2014 / 4:52 AM / 5 years ago

過去30年の米での自動車リコール、最も少ないのはメルセデス=調査

3月27日、過去30年に米国で実施された自動車のリコールをメーカー別で調べたところ、最も少なかったのがメルセデスベンツだったことが分かった。メルセデスベンツ親会社ダイムラーのディーラー店舗で昨年7月撮影(2014年 ロイター/Christian Hartmann)

[27日 ロイター] -過去30年に米国で実施された自動車のリコール(無償回収・修理)をメーカー別で調べたところ、最も少なかったのがメルセデスベンツだったことが分かった。

自動車業界調査会社アイシーカーズ・ドットコム(iSeeCars.com)は、主要15メーカーについて、米国で1985─2014年にリコールされた車種と1980─2013年の販売台数を比較してリコール率を算出した。

最も低かったのは、ダイムラー(DAIGn.DE)傘下のメルセデスベンツで0.41。これは、100台販売したうちの41台がリコールされたことを意味する。

次いで低かったのはマツダの0.55。死者も出したリコールが問題となっているゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)は3番目に低かった。あと日産自動車(7201.T)(0.71)、富士重工業(7270.T)のスバル部門(0.73)と続いた。

一方、最も高かったのは韓国の現代自動車(005380.KS)の1.15。次いで三菱自動車(7211.T)の1.09、フォルクスワーゲン(VW)(VOWG_p.DE)の1.06、ボルボの1.05、クライスラーの1.00。1を上回るのは、同じ車種が異なる理由で複数回リコールされる事例があるため。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below