March 4, 2019 / 2:34 AM / in 3 months

サッカー=アトレチコ、退場者出しながらも白星

 3月3日、サッカーのスペイン1部は各地で試合を行い、アトレチコ・マドリードは敵地でレアル・ソシエダと対戦し、退場者を出しながらも2─0で完勝した。写真はアルバロ・モラタの1点目の場面(2019年 ロイター/Vincent West)

[サンセバスチャン 3日 ロイター] - サッカーのスペイン1部は3日、各地で試合を行い、2位アトレチコ・マドリードは敵地でレアル・ソシエダと対戦し、退場者を出しながらも2─0で完勝した。

アトレチコは前半30分、CKから主将ディエゴ・ゴディンのフリックしたボールをアルバロ・モラタがヘッドで押し込み先制。モラタはその3分後にもコケのFKからヘディングシュートを決め、リードを広げた。

アトレチコは後半にコケが2回目の警告を受けて退場処分となったが、数的不利の中で最後まで失点しなかった。

柴崎岳の所属するヘタフェは敵地でベティスに2─1で勝利。柴崎はベンチ外だった。そのほか、エイバルはセルタに1─0、バレンシアはビルバオに2─0で勝った。

この結果、アトレチコは勝ち点53とし、3位レアル・マドリードに同5差をつけた。首位バルセロナとは同7差。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below