for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

MLB=大谷は2桁奪三振が途切れて7敗目、打席でも好機に凡退

 MLBは3日、各地で試合を行い、エンゼルスの大谷翔平選手(写真)は連続2桁奪三振記録が途切れて敗戦投手となった(2022年 ロイター/USA TODAY Sports)

[3日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)は3日、各地で試合を行い、エンゼルスの大谷翔平選手の連続2桁奪三振記録が途切れて敗戦投手となった。

前回登板まで6試合連続で2桁奪三振だった大谷は、アスレチックス戦に「2番・投手兼指名打者」で先発。味方が同点に追いついた直後の六回に勝ち越し2ランを浴びるなど、5回2/3を投げて7安打、1四球、7三振、3失点(自責点は2)で降板した。

大谷は打席でも2度の好機に凡退するなど3打数無安打、1三振で、七回に代打を送られて途中交代。エンゼルスが1─3で敗れたため、7敗目(9勝)を喫した。

ブルージェイズの菊池雄星投手はレイズ戦に先発。四回まで投げて3安打、2四死球、5三振、2失点で勝敗はつかず、チームは2─3で競り負けた。

レッドソックスの沢村拓一投手はアストロズ戦で四回途中から3番手として登板。1/3回を無失点に抑えたが、チームは1─6で敗れた。

パイレーツの筒香嘉智内野手は、40人ロースター枠から外されて事実上の戦力外となった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up