April 3, 2015 / 6:07 AM / 4 years ago

2月実質賃金は前年比‐2.0%、22カ月連続マイナス=毎月勤労統計

[東京 3日 ロイター] - 厚生労働省が3日発表した2月の毎月勤労統計調査(速報)によると、物価の変動を考慮した実質賃金は前年比2.0%減となった。マイナスは22カ月連続で、減少幅は前月に比べて小幅縮小した。

 4月3日、厚生労働省が発表した2月の毎月勤労統計調査(速報)によると、物価の変動を考慮した実質賃金は前年比2.0%減となった。都内で2009年11月撮影(2015年 ロイター/Kim Kyung-Hoon )

2014年末の年末賞与は前年比1.9%増と、2008年以来6年ぶりのプラスとなった。伸び率は2004年の同2.2%増以来の高い伸び。所得環境の好転をうかがわせる結果となった。

このうち所定内給与は前年比0.5%増と2カ月連続で増加した。正社員などフルタイムで働く一般労働者は前年比0.7%増、パートタイム労働者は同1.0%増だった。

所定外給与は前年比0.4%増。特別に支払われた給与は同3.0%増だった。

現金給与総額の前年比を就業形態別にみると、一般労働者は0.8%増。パートタイム労働者も0.8%増だった。

総実労働時間は前年同月と同水準だった。所定外労働時間は前年同月比0.7%減だった。

2月の毎月勤労統計は3月31日公表の予定だったが、「精査が必要な部分が見つかり、内容を点検することになった」として、発表が遅れていた。

詳細は以下のとおり。(前年比、%、▲はマイナス)

1月      2月速報

現金給与総額       +0.6     +0.5

所定内給与       +0.2     +0.5

所定外給与       +2.1     +0.4

特別に支払われた給与  +7.6     +3.0

実質賃金         ▲2.3     ▲2.0

所定外労働時間      +1.3     ▲0.7

常用雇用         +2.0     +2.1

一般          +1.1     +1.3

パート         +3.9     +3.8

*統計の詳細は以下のURLでご覧になれます。

here

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below