July 8, 2019 / 12:33 AM / 14 days ago

ラガルド氏、ECB総裁として比類ない資質=クーレ専務理事

 7月7日、欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は、次期ECB総裁に指名されたラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事(写真)について、総裁として「比類ない資質がある」との見方を示した。6月に福岡で代表撮影(2019年 ロイター)

[エクス・アン・プロバンス(フランス) 7日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は7日、次期ECB総裁に指名されたラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事について、総裁として「比類ない資質がある」との見方を示した。

EU首脳は前週、10月末で任期を終えるECBのドラギ総裁の後任にラガルド氏を起用する人事に合意した。

ラガルド氏は仏財務相を務めた後、2011年にIMF専務理事に就任。ただ、ドラギ氏とは異なり、中央銀行の政策に直接関わった経験がないとの指摘がある。

クーレ専務理事は南仏で開かれたイベントで記者団に「ユーロ圏が域内外の両方で課題を抱えるなか、ラガルド氏はECBを率いる比類ない資質がある」と指摘。

「ラガルド氏は世界経済がどのように機能しているか、欧州がどのように機能しているかを知っている。金融市場との対話の方法も分かっている」と述べた。

ラガルド氏のECB指名を受け、金融市場では必要であれば金融緩和策が講じられるとの見方が強まり、国債利回りが低下した。

クーレ氏が参加したイベントでは5日にラガルド氏の講演が予定されていたが、ECB総裁に指名されたことを受けて取りやめとなった。

クーレ氏も今年末に任期を迎える。同氏は仏ニュースチャンネルBFMビジネスに対し、自身は次期IMF専務理事の候補ではないと述べた。

「私の専門は欧州であるため、欧州にとどまり欧州のための仕事をしたい。それには色々な方法があり、どのような方法になるかは今後分かる。ただ、私はIMFの候補ではない」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below