April 19, 2018 / 10:35 PM / 7 months ago

米中貿易摩擦、世界の信頼感に影響=IMF専務理事

 4月19日、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事(写真)は、米中貿易摩擦の影響は両国のみにとどまらず、世界の信頼感や投資に及ぶとの危機感を表明した。(2018年 ロイター/Aaron P. Bernstein)

[ワシントン 19日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は19日、米中貿易摩擦の影響は両国のみにとどまらず、世界の信頼感や投資に及ぶとの危機感を表明した。

IMF・世界銀行春季総会の開幕を控え、記者会見で語った。

関税については「国内総生産(GDP)で測った成長に対する実際の影響はさほど大きくない」とし、信頼感の低下がより問題との認識を示した。

「投資家が取引条件を把握せず、供給網の構築方法について見当がつかなければ、投資に消極的になるだろう」と指摘した。

貿易を巡る緊張が同総会の主要議題になるとの見方を示し、「さまざまな当事者間で、数多くの2国間協議が行われるのではないか」と話した。

また「2つの主要エンジンである投資と貿易がようやく加速しつつある。阻害したくない」と指摘。

関税が実施されれば、供給網が世界的につながる中、企業信頼感への影響も世界規模になるとした。

また、米国の法人減税を強く支持するとし、財政赤字や債務の圧縮に向けた取り組みが必要と指摘した。

英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感が、同国経済の重しとなりつつあるとの見方も示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below