June 15, 2015 / 3:08 AM / 4 years ago

IMF、ウクライナが債務返済できなくとも融資可能=専務理事

 6月12日、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、ウクライナの債務再編協議が合意に至らず、同国が債務を返済できないと判断した場合でも同国への融資を実行することが可能だと述べた。4月撮影(2015年 ロイター/Mike Theiler)

[ワシントン 12日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は12日、ウクライナの債務再編協議が合意に至らず、同国が債務を返済できないと判断した場合でも同国への融資を実行することが可能だと述べた。

ウクライナは債務再編に向けた債権者との協議が難航。ヤレシコ財務相は10日、債務支払いのモラトリアム(猶予期間)を求める可能性があると明らかにした。

ラガルド専務理事は「民間債権者との協議が合意に至らず、ウクライナが債務を返済できないと判断した場合、IMFは支払い遅延の際の融資政策に基づき、ウクライナへの融資が可能だ」と語った。

ヤレシコ財務相は10日、IMFが7月に17億ドルの次回融資を実行することに期待を示していた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below