for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ナイジェリアの「水の上の学校」が豪雨で倒壊、開校から7カ月で

[ラゴス 8日 ロイター] - ナイジェリアのラゴスで、海水湖(ラグーン)の上に広がるスラム街の子供たちに無料で教育を提供することを目的として設置された「水の上の学校」が、豪雨のため開校からわずか7カ月で倒壊した。

この「マココ・フローティング・スクール」は木造のピラミッド型で、水上にプラスチック製の樽で浮上させたプラットフォーム上に3年がかりで建設。1年ほど使用された後、昨年11月に正式に開校した。生徒はカヌーで通学していた。

雨季に入り豪雨で授業に支障が出はじめたことから、3月末にすでに授業の場所を移動しており、関係者によると、倒壊当時、約50人の生徒は校内にいなかった。

ナイジェリアでは、粗悪な材料の使用や規制遵守の甘さなどによる建物の倒壊が、広く問題となっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up