Reuters logo
ゴールデン・グローブ賞、「ラ・ラ・ランド」が最多7部門で候補に
December 13, 2016 / 2:21 AM / a year ago

ゴールデン・グローブ賞、「ラ・ラ・ランド」が最多7部門で候補に

[ロサンゼルス 12日 ロイター] - 米アカデミー賞の前哨戦とされるゴールデン・グローブ賞のノミネートが12日に発表され、ロサンゼルスを舞台としたミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」(日本公開2017年2月24日)が、コメディー・ミュージカル部門の作品賞など最多7部門でノミネートされた。

「ラ・ラ・ランド」は、主演のエマ・ストーンとライアン・ゴズリングが同部門の主演女優、男優賞にそれぞれノミネートされたほか、監督賞や脚本賞などでも候補に挙がった。

ドラマ部門の作品賞には、若い黒人男性が貧困や自身の性的趣向と格闘しながら成長する姿を描いた「ムーンライト」(日本公開2017年)や、悲劇に見舞われる米労働者階級の家族を描いた「Manchester by the Sea(原題)」などが選ばれた。「ムーンライト」は6部門に、「Manchester by the Sea」は5部門にノミネートされている。

コメディー・ミュージカル部門の作品賞には、「デッドプール」、「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」、「シング・ストリート 未来へのうた」なども候補に挙がった。

前評判が高かったにもかかわらず、伝記映画「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」や、マーティン・スコセッシ監督作品「沈黙─サイレンス─」、デンゼル・ワシントン監督・主演の「Fences(原題)」は作品賞の候補に選ばれなかった。

ハリウッド外国人記者協会のメンバー90人以上の投票で決まるゴールデン・グローブ賞の授賞式は、来年1月8日に行われる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below