June 12, 2018 / 1:02 AM / 9 days ago

カドロー米NEC委員長、心臓発作後の容体は良好=ホワイトハウス

[ワシントン/シンガポール 12日 ロイター] - トランプ米大統領は12日、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長との歴史的会談の直前、カドロー米国家経済会議(NEC)委員長が心臓発作を起こし、首都ワシントン近郊の病院で治療を受けているとツイッターに投稿した。

 6月12日、トランプ米大統領は、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長との歴史的会談の直前、カドロー米国家経済会議(NEC)委員長が心臓発作を起こし、首都ワシントン近郊の病院で治療を受けているとツイッターに投稿した。写真は同委員長。3月にニューヨークで撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

大統領に同行してシンガポールを訪れているホワイトハウスのサンダース報道官はその後声明を発表し、カドロー委員長の発作は非常に軽度であり、「現在の容体は良好だ。医師団は完全かつ早期の回復を予想している」と述べた。

カドロー氏は70歳。保守派の経済評論家で、今年3月にコーンNEC前委員長の後任としてトランプ大統領に指名された。

トランプ大統領はツイッターで「貿易・経済問題に懸命に取り組んできたカドロー氏が心臓発作を起こした。現在はウォルター・リード病院にいる」と明らかにした。ウォルター・リード米軍医療センターはワシントン近郊メリーランド州にある。

米紙ワシントン・ポストの記者はツイッターで、カドロー氏についてジュディ夫人が「元気だ」と述べたと投稿した。

カドロー氏は、カナダで先週8─9日に開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)でトランプ大統領に同行。10日には複数のメディア取材を受け、貿易を巡って議長国カナダのトルドー首相と対立したトランプ大統領を擁護する発言をしていた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below