for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バイデン氏、対中強硬姿勢の維持必要 当選なら=クルーグマン氏

ノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマン氏は、民主党の大統領候補ジョー・バイデン前副大統領が11月の大統領選で勝利した場合、中国に対する強硬姿勢を維持する必要があるとしつつも、焦点は関税よりも産業政策に当てられるとの見通しを示した。上海で昨年7月撮影(2020年 ロイター/Aly Song)

[ブラジリア 28日 ロイター] - ノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマン氏は、民主党の大統領候補ジョー・バイデン前副大統領が11月の大統領選で勝利した場合、中国に対する強硬姿勢を維持する必要があるとしつつも、焦点は関税よりも産業政策に当てられるとの見通しを示した。

トランプ大統領に批判的なクルーグマン氏はロイターとの電子メールでのインタビューで、「米中関係は複雑だ。米国には真の不満がある半面、トランプ大統領の貿易戦争に大きな支持はない」とし、「そのため、バイデン氏は中国との対決を続けるだろうが、軸足をより産業政策に置き、他国を連携させるなど、異なるアプローチが取られるだろう」と述べた。

トランプ大統領が再選すれば、米中関係は「非常に悪化する」と予想した。

また、いずれの候補者が勝利しても、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)を巡る問題は引き続き争点になるとの認識を示した。

米経済については、コロナ禍によって増大した短期的な不透明性に加え、労働需要の構造的変化や長期停滞が最大の課題と指摘。「貯蓄が投資意欲を上回る状況は、低金利を招き、景気低迷への対応能力を限定的にする」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up