February 23, 2018 / 12:20 AM / 4 months ago

米国務副長官、ラトビアでの資金洗浄に懸念表明

[フランクフルト 22日 ロイター] - 米国のサリバン国務副長官は22日、ラトビアで起きたマネーロンダリング(資金洗浄)事件に懸念を表明した。ラトビア当局とこの問題で緊密に作業する考えも示した。

 2月22日、米国のサリバン国務副長官は、ラトビアで起きたマネーロンダリング(資金洗浄)事件に懸念を表明した。ラトビア当局とこの問題で緊密に作業する考えも示した。ラトビアのリガで記者会見する同国務副長官(2018年 ロイター/Ints Kalnins)

ラトビアの首都リガで記者団に語った。

サリバン氏は「資金洗浄は米国にとって懸念事項で、北大西洋条約機構(NATO)の同盟国であるラトビアで起きた」と指摘。

米財務省がラトビアのABLV銀行への制裁措置を発表したことに言及しつつ、「制裁措置は、米国が特に米財務省傘下の金融犯罪情報機関(FinCEN)のリポートに記載された資金洗浄を深刻に受け止めている表れだ」と説明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below