March 4, 2019 / 6:09 AM / 17 days ago

ロシア外相、ベネズエラ情勢巡り米と協議の用意

 3月4日、ロシアのラブロフ外相(写真)はポンペオ米国務長官との電話会談で、ベネズエラ情勢を巡り米ロ間の協議を行う用意があると表明した。モスクワで1日撮影(2019年 ロイター/Maxim Shemetov)

[モスクワ 3日 ロイター] - ロシアのラブロフ外相は2日に実施したポンペオ米国務長官との電話会談で、ベネズエラ情勢を巡り米ロ間の協議を行う用意があると表明した。ロシアの外務省がウェブサイトに掲載した声明で明らかにした。

声明によると、ベネズエラ情勢は電話会談の主要議題となった。「米側がベネズエラ問題で2国間協議を行うことを提案したのに関し、ロシアは参加の用意があると表明した」という。

声明は「ベネズエラ国民のみが国の将来を決める権利を持っているため、国連憲章の原則に厳密に従うことが重要」としている。

米国はベネズエラの野党指導者であるグアイド国会議長を暫定大統領として承認する動きを主導しており、マドゥロ政権を支持するロシアと対立している。

ロシア外務省によると、ラブロフ外相は電話会談で、「ベネズエラの合法な指導部」に脅しをかける米国の行動を非難した。電話会談は米側の提案で行われた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below