for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米投資銀行ラザード、第4四半期利益が予想上回る

[5日 ロイター] - 米投資銀行ラザードが5日発表した第4・四半期(10─12月)決算は利益がアナリスト予想を上回った。合併・買収(M&A)助言業務が好調だった。

第4・四半期のアドバイザリー事業の収入は19%増と予想を上回った。

ケン・ジェイコブス最高経営責任者(CEO)はインタビューで「第3および第4・四半期にM&A部門が改善した」と述べた。

ラザードによると、2018年に同社が助言した大型買収案件にはCVSヘルスによるエトナ買収やシグナによるエクスプレス・スクリプツ買収などが含まれるという。

一方、アセット・マネジメント事業は市場のボラティリティー上昇を背景に32億ドルの資金流出となり、17%の減収となった。

総収入はほぼ変わらずの6億8450万ドル。

調整後純利益は20%減の1億1890万ドル(1株当たり0.94ドル)。アナリストの予想平均は1株当たり0.92ドル。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up