for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

自民党総裁選は簡易式で、岸田氏と石破氏が正式に出馬

9月1日、自民党総裁の選出方法が決まり、安倍晋三首相の後任選びが正式に動き出した。写真は国会。2016年7月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai )

[東京 1日 ロイター] - 自民党総裁の選出方法が決まり、安倍晋三首相の後任選びが正式に動き出した。1日午後には岸田文雄政調会長と石破茂元幹事長が出馬を表明。菅義偉官房長官も2日に立候補する見通しで、9月中旬の投票に向けて3人は新型コロナウイルスへの対応や社会保障、安全保障などを巡って舌戦を繰り広げる。

自民党は1日昼に総務会を開き、党員投票を行わない簡易方式による総裁選出を了承した。党大会は開かず、両院議員総会で、国会議員394票と都道府県連の代表各3人ずつ計141票の計535票で選出する。選挙の日程は、2日の選挙管理委員会での議論を経て決まる見通し。

自民党の総裁選は通常、全国にいる党員の投票も含めた「フルスペック」(鈴木俊一総務会長)で行われる。安倍首相の辞任表明を受けた今回は、「政治空白があってはならない」(二階俊博幹事長)として、時間優先で簡素化することを決めた。しかし、地方議員や党員の不満は根強く、総務会では異論も出て決定までに約2時間かかった。

総裁選の候補として最初に正式に名乗りを上げたのは、安倍政権で外相を長く務めた岸田政調会長。岸田氏は会見で、コロナ対策のほか、格差問題の解消に取り組む考えを示した。「国民の協力を得るのは政治の信頼が必要」として、「国民の協力を引き出すリーダーを目指す」と強調した。

4回目の総裁選出馬となる石破元幹事長は、必要に応じて「新型コロナウイルス特別措置法」を改正する考えを示した。総裁選の方式が簡素化されたことに関しては「党員の皆様に投票資格が与えられないのは残念」と述べた。

石破氏は過去2回の総裁選で安倍首相に敗れた。2012年の総裁選では、地方議員票や党員票で安倍氏を上回ったが、国会議員だけが投票できる2回目の決選投票で逆転を許した。

竹本能文、山口貴也、久保信博 編集:橋本浩

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up