January 8, 2020 / 3:19 PM / 19 days ago

国連高官、レバノン指導者を非難 政府不在は「無責任」

[ベイルート 8日 ロイター] - 国連のレバノン担当特別コーディネーター、ヤン・クビシュ氏は8日、政府不在のレバノンを放置することは「無責任」としてレバノン指導者らを非難した。

レバノンではハリリ首相が昨年10月に辞任してから政府が機能しておらず、金融・経済面で危機が深まる中で何ら対策が打たれていない状態にある。

また米軍が先週、イラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官を殺害したことで中東地域の緊張が増し、レバノンは新たなリスクに直面している。

クビシュ氏はツイッターで、レバノンや中東地域における現状などを考慮すると、有効かつ信頼できる政府がないままレバノンを放置することは無責任だと指摘。「レバノンの指導者たちに遅滞なく行動を起こすことを求める」と述べた。

キャピタル・エコノミクスのシニア新興国市場エコノミスト、ジェイソン・タビー氏は「レバノンには米・イラン間の問題に巻き込まれる重大なリスクがある」と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below