June 5, 2015 / 5:54 AM / 3 years ago

中国レノボの親会社、香港IPOで約20億ドル調達へ=関係筋

[北京 5日 ロイター] - 中国のパソコン大手レノボ・グループ(聯想集団) の親会社である聯想控股(レジェンド・ホールディングス)が、香港取引所から新規株式公開(IPO)の承認を得たことが分かった。IPO規模は約20億ドル。事情に詳しい複数の関係筋が5日に明らかにした。

香港市場では、昨年12月に不動産デベロッパーの大連万達商業地産 が40億4000万ドルを調達して以来の大型案件となる。

関係筋によると、聯想控股は8日から投資家の需要調査を開始する。再来週からのロードショーでオーダーの受け付けを始めるという。

聯想控股からは今のところコメントを得られていない。

聯想控股はレノボのほか、不動産デベロッパーやプライベートエクイティ(PE)会社、ベンチャーキャピタルを保有する。

関係筋によると、共同スポンサーには中国国際金融有限公司(CICC)とUBSが起用された。ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーが引き受けを支援する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below