Reuters logo
ロシア議員らがレーニン埋葬法案提出、激論招く恐れも
2017年4月21日 / 06:53 / 7ヶ月前

ロシア議員らがレーニン埋葬法案提出、激論招く恐れも

[モスクワ 20日 ロイター] - モスクワの赤の広場にある「レーニン廟」に特殊加工を施され安置されているロシア革命の指導者レーニンの遺体について、一部議員らが20日、埋葬するための法案を議会に提出した。

 4月20日、モスクワの赤の広場にある「レーニン廟」に特殊加工を施され安置されているロシア革命の指導者レーニンの遺体について、一部議員らが埋葬するための法案を議会に提出した。ただ、共産党は、こうした動きは「挑発行為」であり、実現を目論めば社会不安につながる可能性があると反発している。写真は1993年撮影(2017年 ロイター/Vladimir Persianov)

ただ、1991年の崩壊まで当時のソ連を統治した共産党は、こうした動きは「挑発行為」であり、実現を目論めば社会不安につながる可能性があると反発している。

法案を提出したのは、与党「統一ロシア」4人と、極右自由民主党議員2人。首都中心に遺体が安置されていることに反対する世論が過半数を占めているとの調査を引用した。埋葬の実現は過去にも模索されたが、社会分裂を招くとの意見から却下が続いている。

発案した議員らは、政治的な理由で法案を提出したのではないとしているが、提出がレーニンの誕生日である4月22日の2日前だったほか、今年が1917年のロシア革命からちょうど100年目に当たっているとの指摘もある。

レーニンは、1924年に死去。サンクトペテルブルクにあるボルシェビキの墓地に母と共に埋葬されることを望んだとされている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below