April 15, 2018 / 12:23 AM / 4 days ago

コラム:それでもフェイスブックを使う理由

Jess Kimball Leslie

 4月11日、米フェイスブックの個人情報保護を巡るトラブルが発生したのは最近だが、ユーザーは何年も前から、他の欠点に気づいていた。写真は3月撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

[11日 ロイター] - 米フェイスブック(FB.O)(FB)のザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が、米議会で批判の矢面に立たされた。ユーザーの個人情報に対する保護が不十分だったことと、2016年の米国大統領選挙においてロシアがFBを利用して影響を及ぼすことを防げなかったことが原因だ。

プライバシーを巡るトラブルが発生したのは最近だが、ユーザーは何年も前から、FBの他の欠点に気づいていた。

FBを使っていると惨めな気分になる、というのは以前から言われていることだ。実に多くの研究において、FBは私たちの幸福感に悪影響を与えるとの結果が出ており、昨年にはFB自身も独自調査を行い、そうした結論にほぼ同意している。

ミシガン大学の自制心・感情研究所のイーサン・クロス所長は、「科学文献がここまで一貫して(FBの利用と幸福感のあいだに)負の相関を見出していることに驚かされる」と語る。FB利用はユーザーの幸福感低下が予想されると2013年に結論づけた同所長の研究は、頻繁に引用されている。

それなのに、なぜ私たちは実際に、このサービスを使い続けているのか。FB上での私たちの行動を研究している専門家たちは、どう考えているのだろうか。

隠れた理由がいくつか浮かび上がってくる。

●「実際より良い自分」になれるから

マサチューセッツ工科大学(MIT)のシェリー・タークル氏は、ベストセラーとなった著書 「Reclaiming Conversation: The Power of Talk in a Digital Age」(邦題「一緒にいてもスマホ:SNSとFTF」青土社)のなかで、われわれは「なりたい自分、望ましい自己」を映すためにFBを利用することが多い、と指摘している。

一部の研究者は、より良い、輝かしい自分と向き合うことから好影響を受けることもあり得る、と論じている。

ウィスコンシン大マディソン校のカタリーナ・トマ教授は「私たちは、FB上で何かを省略することにより、フィルターをかけ、嘘をついている」と言う。「しかし同時に真実も語っている。まったくやってもいないことを、やったと称することはできない」 

トマ教授の研究によれば、FB上で自分のプロフィールを5分間見ていると、自己肯定感が高まるという結果が出ている。司会者オプラ・ウィンフリーが推奨する「感謝の日記」と同様に、FBが過去をまっさらの状態に見せてくれることで、私たちは人生の良い面を思い出すことができる。

だが、「よりよい」自分を捏造することが私たちを傷つける可能性もある。タークル氏は、社会学者デビッド・リースマンのいう「他人志向型」、つまり他人がどう考えるかによって自分の価値を判断してしまう傾向をFBが助長すると考えている。

タークル氏は筆者への電子メールで、「私たちは、オンラインで、他人にこのように見てほしいと思う『自分』を編集してしまう」と説明する。「信ぴょう性をうたっておきながら、実際には、自分を編集している。自分の実際の姿から、自分自身を遠ざけてしまう」

●「コントロール感」を与えてくれるから

複雑な人間関係という文脈において、「コントロールすること」は非常に大きな魅力がある。

タークル氏は前出の著書の中で、あるカンファレンスで会ったアダムという男性とそのパートナーであるテッサという女性のオンラインロマンスについて詳述している。

アダムには、非の打ち所のない反応を返せるように、テッサから送られてきたテキストをすべて保管しておく傾向があったという。最終的に2人の関係は破綻するのだが、後にアダムは、自分があまりに関心を注ぎ過ぎたことで、テッサが持続不可能なほどの期待を自分に持つようになってしまったのではないかと自省する。

「オンラインでのコミュニケーションによって、私たちは以前よりも時間と自己表現をコントロールできているような感覚を味わっている」とタークル氏は著書で指摘。FBは、このコントロール感の特別な組み合わせを提供する。

友だちや政治的意見、写真や人生における成果を、1つの編集可能な自己プレゼンテーションへとまとめ上げるのである。

FBは私たちに極めて巧みにこうしたコントロール感を与えている。そして、私たちの公的な人格の「下絵」の提案すら始めている。

たとえば、FBのサイトで表示される「友だち記念日」という合成写真では、あるアルゴリズムによって、最も多くの「いいね」やコメントをもらった写真が選び出される。こうして機械的に作成された自己プレゼンテーションを投稿すれば、世界に対して生活のどの側面を示すべきかを、部分的にFBが決めたことになる。

Slideshow (3 Images)

言い換えれば、FBは、私たちのためにタークル氏のいう「望ましい自己」を作成し始めているということだ。

ではこのとき、FBがコントロールしている部分はどれくらいで、私たちがコントロールしている部分はどれくらいなのか。

私たちにとって何よりも大切なのは、自分がコントロールしているという感覚である。タークル氏はこの問題を気候変動になぞらえている。

「気候は異常な状態にある。しかしよく晴れた快適な日には、そうした考えを脇に追いやってしまう。FBの大きな問題も、これと同じだ。FBの重要な問題は気候問題にあたり、個人としての利用は、身近な天気の問題なのだ」と彼女は記している。

●自分にとって何が良いのか判断が難しいから

「私たちは、自分の行動を正当化することが非常にうまい」と前出のクロス氏は指摘。「人間が持つ卓越した能力の1つだ」 

クロス氏は、矛盾する情報を示された場合でさえ、自分の考えや行動を正当化してしまうという、心理学における「合理化」(「言い訳をする」という意味の心理学用語)の原理を紹介する。

つまり、FBのせいで不幸な気分に陥ったときでさえ(休暇やレストラン、仲の良い家族の写真は私たちを積極的に落ち込ませる)、私たちはそうした行動を「合理化」する可能性が高い。

「ああ、この友人の写真を見ると自分の生活が本当に嫌になってくる。今後は彼女の投稿を見ないようにするのが賢明で健全な選択かもしれない」といった理性的な判断を下せない場合も多い。

●まだ望みを捨てていないから

「FBは今も発展途上にあり、いくつか重要な機能を実現している。私たちを他の人々と結びつけ、お互いに簡単な情報のやり取りが可能となり、必要なときに社会的支援を受けやすくなった。FBは、私たちの最も基本的な欲求、つまり『所属欲求』を満たす手助けをしている」

ポツダム大学でビジネス情報工学、特にソーシャルメディア及びデータ科学を専門とするハンナ・クラスノバは、メールでこう分析した。

FBが不思議と前向きに機能する、意外な使い方の例を1つ紹介しよう。

愛する人を亡くしたとき、FB上の本人のプロフィールをそのまま残しておく家族が一部に見られるのだ。プロフィールを残しておくということは、友だちや家族が故人の写真の下で他の人に対するコメントを投稿したり、故人に対して直接メッセージを送ることができることを意味する。

こうした振る舞いについてタークル氏に尋ねたところ、こんな考察が返ってきた。「亡くなった人のプロフィールページに何か書くというのは、普通に弔意を表すために遺族宛てに手紙を書くのと違うのは確かだが、自分自身に対する、そして故人の他の友人や家族に対する想いを表現する、美しく新しい方法だと思う」

歴史を通じて、社会は新しいテクノロジーを否定し恐怖するという反応を示しており、新たなイノベーションが起きるたびに、それに合わせて社交上の礼儀作法や振る舞いを調整してきた、とトマ教授は指摘する。

「(1880年代には)電話によって『ハロー』という挨拶が主流になり、人々のマナーが粗雑になるのではないかと、礼儀作法の専門家たちは心配していた」と米紙ニューヨークタイムズでテクノロジー担当のクライブ・トンプソン記者は2013年の著書 「Smarter Than You Think(原題)」で記している。

「というのも、これは狩りに際して猟犬を呼ぶときに使う『ハルー』という怒鳴り声に由来しているからだ」

ザッカーバーグCEOは米議会に対し、FBをどう利用するか、その「方法」を説明したが、その「理由」を考えることも同じように重要なのである。

*筆者は「I Love My Computer Because My Friends Live In It」の著者。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。(翻訳:エァクレーレン)

    *このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

    0 : 0
    • narrow-browser-and-phone
    • medium-browser-and-portrait-tablet
    • landscape-tablet
    • medium-wide-browser
    • wide-browser-and-larger
    • medium-browser-and-landscape-tablet
    • medium-wide-browser-and-larger
    • above-phone
    • portrait-tablet-and-above
    • above-portrait-tablet
    • landscape-tablet-and-above
    • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
    • portrait-tablet-and-below
    • landscape-tablet-and-below