for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

LGディスプレー、第1四半期は営業赤字拡大 需要低迷

[ソウル 23日 ロイター] - 韓国のLGディスプレー034220.KSが発表した第1・四半期決算は、5四半期連続で営業赤字を計上した。新型コロナウイルスの感染拡大でスマートフォン、テレビ向けのディスプレー需要が低迷した。同社は米アップルAAPL.Oに製品を供給している。

第1・四半期の営業赤字は3620億ウォン(2億9470万ドル)。前年同期は1320億ウォンの赤字。リフィニティブ・スマートエスティメートによると、市場予想は3900億ウォンの赤字だった。

収入は20%減の4兆7000億ウォン。

同社は声明で「製造業は新型コロナ感染症の流行の影響を受けており、今後さらに需要が不安定になるだろう。外出禁止措置とそれに伴うオンライン利用の急増でIT製品の需要は拡大する見通しだが、今後も厳しい状況が続くことは避けられない」と表明した。

アナリストによると、中国で新型コロナの感染拡大がピークに達した時期には液晶パネル価格が値上がりしたものの、その後、中国メーカーが業務を再開し、市場は供給過剰になっている。

トレンドフォース傘下のウィッツビューによると、LGディスプレーの主力製品である50インチ型のテレビ向け液晶パネル価格は前期比で1%強上昇した。

LGディスプレーは、損失に歯止めをかけるため、テレビ用液晶パネルの国内生産を年内に停止すると発表している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up