for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

LGディスプレー、第4四半期は利益が3年ぶり高水準 予想上回る

[ソウル 27日 ロイター] - 韓国のLGディスプレーが発表した2020年第4・四半期決算は利益が約3年ぶり高水準を記録、2四半期連続の黒字転換となった。アップルの新型iPhoneの出荷増などに支援された。

韓国のLGディスプレーが発表した2020年第4・四半期決算は利益が約3年ぶり高水準を記録、2四半期連続の黒字となった。写真は、同社製品が使用されたLG V 30 S ThinQ。2018年2月26日に撮影。(2021年 ロイター/Sergio Perez)

営業損益は6850億ウォン(6億2200万ドル)の黒字。前年同期は4220億ウォンの赤字だった。

黒字額は2017年第2・四半期以来の高水準となり、リフィニティブ・スマートエスティメートがまとめたアナリスト12人の予想(2860億ウォン)を大幅に上回った。

売上高は16%増の7兆5000億ウォンだった。

同社は発表文書で「第4・四半期も世界で在宅勤務が続き、テレビやIT(情報技術)製品の需要が強かった」と説明。有機EL(OLED)パネルの出荷と価格が、テレビとスマートフォン向けの双方で上向いたと付け加えた。

中国の広州にある同社のOLED工場で生産がフル稼働したことも業績に寄与したという。

アナリストは、アップルの新モデル「iPhone12」向けのOLEDパネルの出荷増や、テレビに使用される液晶表示(LCD)パネルの価格上昇がLGディスプレーの利益を押し上げたと指摘した。

また、堅調なiPhone販売によるLGディスプレーの業績押し上げ効果は第1・四半期決算も続くと予想している。

ユアンタ証券(韓国)のアナリストは「上半期は通常、季節的に軟調な時期だが、今年は状況が異なる。iPhone12の販売がパネル出荷を前年比1.5─2倍押し上げる見通しで、黒字転換が続くだろう」と述べた。第1・四半期のLCDパネル価格も高水準にとどまるとの見方を示した。

一方、日本電気硝子の日本国内の生産施設で昨年12月に発生した停電により、LGディスプレーの第1・四半期の出荷が影響を受ける可能性があるとの指摘もアナリストの間で出ている。LGディスプレーは2020年上半期、約80%のガラスを日本電気硝子から調達したという。

ただアナリストらは、大型ガラスの供給減少でパネル価格が第1・四半期に一段と上昇し、出荷の落ち込みを相殺する可能性もあると指摘した。

0116GMT(日本時間午前10時16分)時点で、LGディスプレーの株価は0.6%安。

*内容を追加します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up