March 29, 2019 / 7:18 PM / 25 days ago

LIBOR代替指標、銀行は迅速に移行する必要=スイス当局者

[チューリヒ 29日 ロイター] - ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)に代わる指標金利の設定作業を進めているスイス当局の作業部会メンバーは29日、2021年にLIBORの指標金利としての利用が終了するのをにらみ、銀行は迅速に代替への対応を進める必要があるとの見解を示した。

LIBORを巡る一連の不正操作が明るみに出たことを受け、スイス、米国、英国、日本のほか欧州連合(EU)などでLIBORに代わる指標金利の設定作業が進められており、スイスでは現在、スイス翌日物平均金利(SARON)の設定が最終段階に入っている。

SARON設定の作業部会の共同委員長を務めるマーティン・バーデンヒューワー氏は、銀行はLIBORから新たな指標金利に移行するに当たり後手に回ることがあってはならないと指摘。「21年末までに自発的に移行することが適切な戦略となる」と述べた。

同氏はまた、LIBORは21年以降も利用される可能性はあるとしながらも、指標金利ではなくなるとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below