for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

リビア国営石油会社、2つの油田からの出荷停止を宣言=文書

 1月20日、リビア国営石油会社(NOC)は南西部のシャララ油田とアル・フィール油田について、原油積み出しの義務が一時的に免責される不可抗力条項(フォースマジュール)を発動した。写真はシャララ油田。2014年12月撮影(2020年 ロイター/Ismail Zitouny)

[ロンドン 20日 ロイター] - リビア国営石油会社(NOC)は南西部のシャララ油田とアル・フィール油田について、原油積み出しの義務が一時的に免責される不可抗力条項(フォースマジュール)を発動した。取引業者に送付された文書をロイターが20日に閲覧した。

文書によると、2つの油田と別々の石油ターミナルを結ぶパイプラインが民兵組織の石油施設警備隊(PFG)の指示を受ける個人らによって封鎖された。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up