January 20, 2020 / 12:55 AM / a month ago

リビア巡る国際会議、恒久停戦の方向で一致 一部油田で操業停止

 1月19日、内戦で分裂状態が続くリビアを巡る国際会議がベルリンで開かれ、欧米やロシア、トルコ、アラブ諸国など参加国は、恒久的停戦に向けて取り組む考えで一致した。写真は代表撮影(2020年 ロイター/Axel Schmidt)

[ベルリン 19日 ロイター] - 内戦で分裂状態が続くリビアを巡る国際会議が19日、ドイツのベルリンで開かれ、欧米やロシア、トルコ、アラブ諸国など参加国は、恒久的停戦に向けて取り組む考えで一致した。ただ、リビアのシラージュ暫定政権と対立するハフタル司令官に忠誠を誓う勢力による石油パイプラインの閉鎖が影を落とした。

同国東部を拠点とするハフタル司令官率いる有力軍事組織「リビア国民軍(LNA)」は、エジプトやアラブ首長国連邦(UAE)の支援、ロシアからの武器供与を受け、首都トリポリの奪取を目指し攻勢をかけており、トルコはシラージュ暫定政権側を支援するためにトリポリに派兵している。

ただ、ここ10日間は空爆が停止し、一部で戦闘が沈静化していた。

メルケル独首相は記者団に、会議では、過去1週間の暫定的な休戦を恒久的な停戦に変える必要があるとの見解で一致したと語った。ただ、メルケル氏によると、ベルリン入りしたシラージュ首相とハフタル司令官が会談することはなく、双方の隔たりの大きさを浮き彫りにした。

一方、リビア国営石油会社(NOC)によると、17日に同国東部の石油積み出し港がLNAの指示で閉鎖され、19日にはハフタル司令官に忠誠を誓う勢力によるパイプラインの封鎖を受け、南西部の2つの主要油田が操業停止に追い込まれた。

NOCは、封鎖が解除されない限り、リビアの原油生産は数日間で、日量120万バレルから7万2000バレルに減少する見通しだと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below