Reuters logo
サッカー=スペインリーグ、アジアに合わせた試合時間設定も
2017年3月24日 / 02:34 / 8ヶ月前

サッカー=スペインリーグ、アジアに合わせた試合時間設定も

[バルセロナ 23日 ロイター] - サッカーのスペインリーグのハビエル・テバス会長は23日、シンガポールのオフィス開設に合わせ、アジアでの市場拡大に向けて試合開始時間をアジアに合わせたことを明らかにした。

3月23日、サッカーのスペインリーグがシンガポールにオフィスを開設したことを受け、アジアでの市場拡大に向けて試合開始時間をアジアに合わせたことを同リーグのハビエル・テバス会長(写真)が明かした。2016年5月撮影(2017年ロイター/Henry Romero)

これまでスペイン1部の重要な試合は夜に行われることが伝統となっていたが、これはスペインでのゴールデンタイムにテレビ中継を行う目的だった。しかし、近年では世界中のファンに合わせたスケジュールも組んでいる。

テバス会長は「アジアで合理的な時間に見られるようにキックオフ時間を変更し、この地域でもできるだけスペインリーグを楽しめるように引き続き取り組んでいく。シンガポールは東アジアの玄関口となり、より多くのファンを獲得するプラットフォームになるだろう」と話した。

スペイン1部では今季、新たに土曜13時に開始する試合を設けた一方、22時開始を廃止。昨年12月のバルセロナ─レアル・マドリード戦は中央ヨーロッパ時間の16時15分、シンガポール時間の23時15分に開始された。4月8日のレアル・マドリード─アトレチコ・マドリード戦も同時刻の予定となっている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below