for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

訂正-イーライリリー、半額のインスリン発売を計画 高額薬価巡る批判回避へ

(本文中のインスリン製剤の名称を「フマログ」から「ヒューマログ」に訂正します)

[4日 ロイター] - 米製薬大手イーライリリーは4日、高額な薬価に対する批判が強まる中、主力のインスリン製剤「ヒューマログ」の価格を5割引き下げたジェネリック製剤「リスプロ」を発売する方針を発表した。

リスプロは米国内のみでの販売となり、価格は1バイアル=137.35ドルに設定。

ヒューマログの年間売上高は30億ドル。米上院議員らによると、ヒューマログの価格は2001─15年の間に35ドルから234ドルに高騰。上昇率は585%という。

糖尿病治療に必要なインスリン価格の上昇を巡っては、患者や議員から批判を浴びており、民主党議員らは、イーライ・リリーを含む製薬大手3社に対しインスリン価格急上昇の理由と企業が得る利益について詳しい説明を求める書簡を送付した。米政府も高騰する処方せん薬価格の引き下げに向けた圧力を強めている。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up