July 10, 2018 / 6:40 AM / 2 months ago

米ウーバーとアルファベット、自転車シェアのライムに出資

[9日 ロイター] - 自転車シェアサービスのライムは9日、配車サービス大手の米ウーバー・テクノロジーズ[UBER.UL]や米グーグルの持ち株会社アルファベット(GOOGL.O)などを含む投資家グループから3億3500万ドルの資金を調達したと発表した。

 7月9日、自転車シェアサービスのライムは、配車サービス大手の米ウーバー・テクノロジーズや米グーグルの持ち株会社アルファベットなどを含む投資家グループから3億3500万ドルの資金を調達したと発表した。写真はライムの自転車。カリフォルニア州で昨年3月撮影(2018年 ロイター/Jane Lanhee Lee)

ウーバーはライムの戦略的パートナーとして電動スクーター分野で協力する。ウーバーはライムのスクーターとブランド提携し、ウーバーのアプリ上でサービスが利用できるようにする。

ライムはブログへの投稿で、今回の投資ラウンドには元グーグル・ベンチャーズのGVのほか、新たな出資者としてインフィニティ・ベンチャー・パートナーズ(IVP)、英アトミコ、フィデリティ・マネジメント・アンド・リサーチ・カンパニーなどが参加したことを明らかにした。

ブルームバーグは同日、投資ラウンドでライムの企業価値が11億ドルと見積もられたと報じた。

ライムと競合するバードは6月、セコイア・キャピタルなどが率いる投資ラウンドで3億ドルを調達。同社の評価額は20億ドルだった。

ウーバーは今年初め、電動自転車サービスのジャンプ・バイクスを買収することで合意し、6月にサンフランシスコで事業許可の申請を行った企業の1社となった。

ライムは現在、自転車とスクーターのシェア事業を全米の都市と大学のキャンパス合わせて約60カ所で提供しているほか、ドイツのベルリンとフランクフルト、スイスのチューリッヒでも営業を開始している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below