June 4, 2018 / 6:25 AM / 3 months ago

仏芸術家、旧石器時代の彫刻レプリカにこもるパフォーマンス開始

[オーリニャック(フランス) 2日 ロイター] - フランスのアーティスト、 アブラハム・ポワンシュバルさんが2日、後期旧石器時代の彫刻であるライオンマンのレプリカの中で7日間過ごすパフォーマンスを始めた。

 6月2日、フランスのアーティスト、 アブラハム・ポワンシュバルさんが、後期旧石器時代の彫刻であるライオンマンのレプリカの中で7日間過ごすパフォーマンスを始めた。写真はロイタービデオの映像から(2018年 ロイター)

レプリカは等身大の唐松製。ポワンシュバルさんは2日から8日まで暗いレプリカ内部に滞在し、乾燥肉やナッツ、果物を食べて生活する。

パフォーマンスは現代美術と先史時代を結ぶ狙いがあり、レプリカは旧石器時代に使用されていたオーリニャックの洞窟に続く道に設置されている。

ライオンマンは1939年にドイツの洞窟で発見された象牙の彫刻。製作は紀元前3万2000年ごろで、超自然の発想を具現化した最古の作品とみられている。

ポワンシュバルさんは閉ざされた空間の中で過ごすパフォーマンスで知られ、2014年には熊の形の中に13日間入って熊と同じく虫などを食べて生活。前回のパフォーマンスでは、鶏卵を3週間温めてふ化させている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below