for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

リトアニア大統領選、元財務相と経済専門家が決戦投票へ

 5月13日、バルト3国のリトアニアで、グリバウスカイテ大統領の任期満了に伴う大統領選が行われ、得票率上位2位の元財務相のシモニテ氏と大手銀行の元シニアエコノミスト、ナウセーダ氏が決戦投票に進むことになった。写真はシモニテ氏の選挙キャンペーン看板。リトアニアのビリニュスで9日撮影(2019年 ロイター/Ints Kalnins)

[ビリニュス 13日 ロイター] - バルト3国のリトアニアで12日、グリバウスカイテ大統領の任期満了に伴う大統領選が行われ、得票率上位2位の元財務相のシモニテ氏と大手銀行の元シニアエコノミスト、ナウセーダ氏が決戦投票に進むことになった。

開票率85%の段階で、ナウセーダ氏(54)の得票率は31%、シモニテ氏(44)は29%だった。

スクバルネリス首相(48)も出馬したが、得票率は21%にとどまった。同氏は支持者を前に敗北を認め、7月12日に辞任すると明らかにした。

グリバウスカイテ大統領は、欧州連合(EU)内で対ロシア強硬派として知られ、バルト諸国の「鉄の女」と呼ばれている。シモニテ氏も女性。

決戦投票は5月26日に行われる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up