May 8, 2019 / 12:26 AM / 18 days ago

サッカー=欧州CL、リバプールがバルセロナに逆転で決勝進出

 5月7日、サッカーのCL準決勝第2戦、リバプールは本拠地でバルセロナに4─0で完勝を収め、2戦合計4─3で2年連続決勝進出を決めた。写真左は3得点目を決めたジョルジニオ・ワイナルドゥム(2019年 ロイター/Phil Noble)

[リバプール(英国) 7日 ロイター] - サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は7日、準決勝第2戦の1試合を行い、リバプール(イングランド)は本拠地でバルセロナ(スペイン)に4─0で完勝を収め、2戦合計4─3で2年連続決勝進出を決めた。

第1戦で0─3で敗れていたリバプールだが、前半7分にディボク・オリジのゴールで先制すると、後半には途中出場のジョルジニオ・ワイナルドゥムが同9分、同11分と立て続けにネットを揺らした。さらに、オリジが決勝進出を決める1点を同34分に挙げた。

リバプールのユルゲン・クロップ監督は「圧巻だった。世界最高のチームを相手に、無失点で勝利。信じられない」と話し、「われわれにとって非常に大きな意味を持つ。世界にはもっと大切なこともあるが、この皆が一体となった感動的な雰囲気は本当に特別だ」と続けた。

CLの前身であるヨーロッパ・カップから数えても、準決勝で第1戦に負った3点差からの逆転で決勝進出を果たしたのは、今回のリバプールで3チーム目。過去の2チームは1970─71シーズンのパナシナイコス(ギリシャ)と1985─86シーズンのバルセロナだった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below