for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

F1レースのコースに大トカゲ、SNSで格好の話題に

 9月17日、シンガポールで開催された世界最高峰の自動車 レース「F1」のフリー走行中、コースに大トカゲが侵入する騒ぎがあった。写真は走行中のレッドブルのドライバー、マックス・フェルスタッペン(2016年 ロイター/Jeremy Lee)

[シンガポール 17日 ロイター] - シンガポールで開催された世界最高峰の自動車 レース「F1」のフリー走行中、コースに大トカゲが侵入する騒ぎがあった。レッドブルのドライバー、マックス・フェルスタッペンが無線で「トカゲがいる」と声を上げて知らせたという。

現場の様子は、ツイッターなどに相次ぎ投稿され話題となった。

コースへの動物侵入では、カナダのモントリオールにあるジル・ビルヌーブ・サーキットでグラウンドホグやキツネが現れる例にはドライバーも慣れているほか、インドのブッダ・サーキットで複数の野良犬が侵入した例がある。ほかには、オーストリアでシカ、マレーシアでヘビが出た。アゼルバイジャンのバクーでネコが車の前を横切ったケースもある。

さらに、人間の侵入例も事欠かないという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up