August 31, 2018 / 5:51 AM / 21 days ago

市場公募3年連続増額へ、総額は11.8兆円=19年度地方債計画案

[東京 31日 ロイター] - 総務省は、地方債発行総額を11兆7921億円とする2019年度計画案を発表した。市場公募は3兆8700億円と想定し、いずれも前年度計画額から1.3%増額。借換分を含めた市場公募は3年連続の増額となる。

 8月31日、総務省は、地方債発行総額を11兆7921億円とする2019年度計画案を発表した。市場公募は3兆8700億円と想定し、いずれも前年度計画額から1.3%増額。借換分を含めた市場公募は3年連続の増額となる。

総額のうち、普通会計分として前年度比1.6%増の9兆3651億円を計上する。地方の財源不足に対応するために発行する「臨時財政対策債」は3.7%増の4兆1330億円とした。

資金区分別では、公的資金が前年度比1.2%増の4兆6400億円、民間資金は同1.3%増の7兆1521億円。借換債を含めた市場公募資金は6兆9300億円と、前年度から0.7%増額する。増額幅は17年度の4.3%、18年度の2.7%から縮減した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below