Reuters logo
F35戦闘機の購入費、16%下がる可能性=米国防総省高官
2017年2月17日 / 01:37 / 9ヶ月後

F35戦闘機の購入費、16%下がる可能性=米国防総省高官

[ワシントン 16日 ロイター] - 米国防総省の高官は16日、ロッキード・マーチン(LMT.N)のF35戦闘機の購入費が現在より16%下がって1機8000万ドル程度になる可能性を示唆した。

 2月16日、米国防総省の高官は、ロッキード・マーチンのF35戦闘機の購入費が現在より16%下がって1機8000万ドル程度になる可能性を示唆した。写真はF35ライトニングII。メリーランド州で2015年10月撮影(2017年 ロイター/Gary Cameron)

国防総省は2月、これまで1機1億0200万ドルだった購入価格を9500万ドル弱に下げて契約した。

F35プログラムの責任者であるボグダン中将は16日、下院議会の公聴会で、F35の購入費が、これまでで最低の2月の契約価格からさらに下がるとの見込みを示した。

F35プログラムは、トランプ大統領や政府当局者からコスト高や遅れが指摘されている。しかし、生産が軌道に乗るにつれて、価格は一環して下がってきている。

ボグダン中将は証言で、F35のコストについて、数回トランプ大統領に説明したことを明らかにした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below