February 4, 2019 / 1:05 AM / 3 months ago

仏欧州担当相、EU競争ルールは「ばかげている」と批判

 2月3日、フランスのロワゾー欧州問題担当相は、欧州連合当局が仏アルストムと独シーメンスの鉄道事業統合計画に反対する姿勢であることに関連して、EUの競争ルールは「ばかげている」と批判し、見直しの必要性を訴えた。写真は会見するアルストムとシーメンスのCEO。昨年9月にパリで撮影(2019年 ロイター/Stephane Mahe)

[パリ 3日 ロイター] - フランスのロワゾー欧州問題担当相は3日、欧州連合(EU)当局が仏アルストム(ALSO.PA)と独シーメンスSIEDn.DEの鉄道事業統合計画に反対する姿勢であることに関連して、EUの競争ルールは「ばかげている」と批判し、見直しの必要性を訴えた。

ロワゾー氏はLCIテレビに対し「競争ルールを適用している欧州委員会を批判するわけではないが、これらのルールはばかげており、20世紀に制定されたもので、現在は2019年だ」と語った。

欧州委は今週、アルストムとシーメンスの鉄道事業統合計画を拒否する判断を示す見通し。ロワゾー氏はこれまで、大規模な同業の中国企業に対する競争力を強化するため、同計画は必要との立場を示してきた。

同氏は、フランス政府は統合の必要性を認めてもらうために欧州委の説得を続けていると述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below