September 6, 2019 / 1:00 AM / 17 days ago

ロンドンの投資会社、100社以上がEU新拠点の許可取得

9月5日、欧州証券市場監督機構(ESMA)は、英国の欧州連合(EU)離脱後にEU域内でサービスを提供するため、ロンドンに本拠を置く投資会社など100社以上がEU新拠点の運営許可をこれまでに取得したと明らかにした。ロンドンのCMC市場で1月撮影(2019年 ロイター/Dylan Martinez)

[ロンドン 5日 ロイター] - 欧州証券市場監督機構(ESMA)は5日、英国の欧州連合(EU)離脱後にEU域内でサービスを提供するため、ロンドンに本拠を置く投資会社など100社以上がEU新拠点の運営許可をこれまでに取得したと明らかにした。

許可はEUに加盟にする英以外27カ国のそれぞれの当局によって付与されるが、ESMAは各国が企業を誘致するために優遇措置を講じないように監視している。許可を得た100社以上には資産運用会社や取引プラットフォーム運営会社が含まれる。

ESMAのマイヨール長官は訪問先のロンドンでロイターに「英国からEU27加盟国に活動を移すかなりの動きがこれまであった」と指摘。EU域内の既存拠点を強化することで対応する企業も一部であったという。

ロンドンは欧州最大の金融センターだが、米先物取引所運営大手CMEグループ(CME.O)は、欧州の国債およびレポ取引の拠点をロンドンからアムステルダムに移し、英ロンドン証券取引所(LSE)(LSE.L)も欧州国債取引をロンドンからイタリアのミラノに移転している。

CBOE(CBOE.Z)は10月から、アムステルダムに新設した拠点で欧州株式取引を開始する。

マイヨール長官はまた、英国の合意なき離脱のリスクに備える取り組みが「順調に進展している」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below